楽天の激安専門店

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<NY株>リーマン・ショック前の水準回復…156ドル高
<NY株>リーマン・ショック前の水準回復…156ドル高


【ワシントン平地修】3日のニューヨーク株式市場は、同日発表された1月の米雇用統計が改善したことを好感して大幅反発し、ダウ工業株30種平均は前日終値比156.82ドル高の1万2862.23ドルで取引を終えた。世界的な金融危機を引き起こしたリーマン・ショック(08年9月)前の08年5月19日以来、約3年9カ月ぶりの高値を回復した。

 ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数も45.98ポイント高の2905.66に上昇し、00年12月以来、約11年2カ月ぶりの高値をつけた。

 米労働省が発表した1月の雇用統計は、失業率が8.3%と2年11カ月ぶりの水準まで改善。景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数も前月比24万3000人増と昨年12月(20万3000人増)から増加幅が拡大した。米国経済の懸念材料となってきた雇用情勢の回復に伴い、市場では米経済の先行きに期待感が高まり、幅広い銘柄で買い注文が膨らんだ。

 また、インターネット交流サイト最大手の米フェイスブックが1日に上場申請したことを受けて、「IT業界が活性化する」との思惑が広がり、ハイテク銘柄も買われた。

 ダウはリーマン・ショック直前には1万1000ドル前後だったが、09年3月には一時、7000ドルを割る水準まで下落。昨年4月29日に1万2810.54ドルとリーマン後の最高値をつけたが、欧州債務危機の深刻化などに伴い、昨年9月末~10月初めには1万ドル台まで下落した。その後は米国の雇用など経済指標の改善に伴い上昇基調が続いていた。

 ただ、欧州債務危機は依然収束しておらず、米国の失業率もなお高水準のため、株価が今後も順調に回復するかは不透明だ。

 一方、3日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比41銭円安・ドル高の1ドル=76円57~67銭をつけた。1月の米雇用統計を受け、ドル買い円売りが進んだ。

配信元;ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120204-00000023-mai-brf

回復を 祈るばかりです。
われわれ 庶民の 願いを 聴いていてください!
アーーーメン


日本の 実情も わかつて くださ^^^^^^^^^^いい!



名古屋コーチンと八丁味噌鍋の相性抜群。歯ごたえとコクをお楽しみください。招福亭のベストセ...



この名古屋こーちんで でこち^^^^^^^^^^^^^^^んですね!

スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ビタミン健康生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。